スキャルピングでFXトレーディング

当ページは超短期取引を繰り返すスキャルピングの取引手法やそのメリットやデメリットなど、あらゆる視点でスキャルピングについて分析していくページです。1日のうちで取引を完結する取引手法にはデイトレードがありますが、スキャルピングとはそれよりももっと短期的な取引を集中的に行う取引手法です。取引の時間の目安はこれといってはっきりと定義されていませんが、数秒で決済することもあれば10分〜20分くらいで取引を完結することもあります。

スキャルという取引手法

スキャルピングと対照的な取引方法としてFXのシステムトレードがあります。システムトレードツールの種類や取引のしやすさなどの評判はFXシストレ.jpで比較するとよくわかります。スキャルをするときはパソコンの前でずっとティックチャートを眺めたりして色々と労力がかかりますが、シストレならパソコンの電源を切っていても勝手にシステム側でトレードを執行してくれる楽々な取引方法です。

代表的な手法に世界のトレーダーがこぞって愛用する取引システムであるメタトレーダー4がありますが、このFX取引をメタトレーダーで行うことで簡単に自動売買で楽なトレードが可能になったり、はたまた日本国内のFX会社でもひまわり証券のエコトレFXやFXトレード・フィナンシャルのミラートレーダーベースのシストレツール『オートFX』を使用すれば初心者の人でもかなり容易に二四時間完全な自動売買が実行できるようになります。最近では日本のレバレッジ規制の後もハイレバレッジ取引ができる海外のFX口座で無料で利用できるZuluTradeというツールもトレーダーの間で徐々に浸透してきています。

1日に何度も取引をして薄い利益をどんどん積み重ねるというイメージがわきましたでしょうか?時には数秒で2pips程度の利ざやを抜いたり、相場が思うように動かないと1トレードが15分以上かかってしまうこともあります。わずかな利益を取りに行く結果スキャルピングという手法が誕生したとの見方が強いです。コツさえつかめば自分だけのスキャル手法が身についてくるので、デモトレードから始めるにしてもFX取引に幅を出したいというトレーダーは、スキャルにチャレンジしてみてはいかがでしょう。