FXで効率よく資産運用するためにレバレッジを使う

「FX(外国為替証拠金取引)」を行う上で覚えておきたい用語に「レバレッジ」というものがあります。
「レバレッジ」とは、日本語で直訳すると「てこ」という意味になります。

「FX」の取引においては、一定の証拠金を業者に預託することで、証拠金の何倍もの価値の通貨を売買することが可能です。
これは、他人資本を利用し、小さな自己資本で大きな取引を行う、つまり、「てこ」の力を利用して、小さな力で大きなものを持ち上げる、という意味から「レバレッジ」という言葉が使われています。

例えば、業者に10万円の預託金を預け、100万円分の通貨を売買する場合の「レバレッジ」は10倍です。
このとき、為替の相場が1%上下することで、1万円の損益が発生します。

取引総額から考えれば、100万円の投資に対して1万円の損益なので、利益率(損失率)は1%ですが、自己資本(10万円の預託金)から考えれば1万円の損益は10%の利益率(損失率)となります。

つまり、「レバレッジ」には、他人資本を利用して、自己資本への利益率を高める効果があるというわけです。このことから、「レバレッジ」を利用して少ない元手で大きく儲けることができるというわけです。

ただし、大きく儲ける可能性があると同時に大きく損失を被る可能性もありますので、取引に際してはやはり慎重に行うことが賢明でしょう。