スワップを得て賢く資産運用

FXに関連する用語の中で「スワップポイント」や「スワップ金利」あるいは単に「スワップ」というものを聞いたことがあるでしょうか。
これらは同じことを意味していて、FXを行う上では重要な用語となるので、事前に理解しておく必要があるでしょう。

FXで言う「スワップポイント」とは、ふたつの通貨の間の金利差のことを指します。
FX取引では、金利の低い通貨で金利の高い通貨を購入した場合、その通貨の金利の差額分を受け取ることができます。

例えば、金利1%の日本円で金利5%の外国通貨を購入した場合、差額の4%分が「スワップポイント」として取引を行った人の元に入ることとなります。一種の利息のようなものだと考えておけば良いでしょう。

1点注意しておきたいことは、「スワップポイント」は金利の低い通貨で金利の高い通貨を買った場合には受け取ることができますが、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買った場合には逆に「スワップポイント」を支払ことになります。

また、「スワップポイント」は基本的に通貨間の金利差なのですが、中には業者の手数料の意味合い兼ねている場合が多く、業者によって変動することがあります。

FX取引を行う場合、為替差益を狙って投資する方法だけではなく、この「スワップポイント」を狙って投資する方法もあります。 投資を行う際には事前に知識を習得してから開始するのが賢明でしょう。