大きな失敗を避ける方法を知る

皆さんはプロスペクト理論という言葉をご存じでしょうか?これはリスクを伴う決断を迫られた人は損失と利得をてんびんにかけて意思決定するときにどのように評価するかの心理的な傾向を表した理論のことです。堅実な人も痛みを伴う可能性がある選択肢があるときに、痛みを避けようとするあまりギャンブル性の高い決断をしてしまうことがあるのです。

損切りできなければFXをする資格はない?

FX取引をしているトレーダーは誰もが負けたいと思って取引をしているにもかかわらず、勝率が全く上がらず負け続けている人がいます。それはこのプロスペクト理論の歯車に引っかかっている可能性が高いです。負けが目前に迫っていると、冷静な判断ができなくなり、損切りしようという決断ができなくなります。そして、「いずれ相場は戻るだろう」と根拠のない考えを持って、ポジションをそのまま放置してしまい、損失を拡大させてしまうのです。

FXで勝つには誰もが損小利大を目指さなくてはトータルで利益を出せないと言われていますが、多くの人が損大利小になるような行動を取ってしまいがちなのです。負けが確定しそうになっても感情を制御して冷静さを失わずにトレードできる人だけが勝者となり得るのです。プロスペクト理論を知って負けないようにするための行動をとるように意識し出すことが勝ちへつながる最短ルートなのです。